星観荘☆親父のひとりごと

富士山吉田口六合目の山小屋・星観荘の親父です。 六十路の手習いでマイパソコンを遊び始めました。今はまだパソコンに遊ばれています。富士山の事、富士山の麓で生活して いる事やいろいろ近況などを綴ります。

夜が

2017-07-31-Mon-16:57
に行き 毎日おかみさんで頑張っている

必然的に下界は一人暮らしの生活をしている
一週間に一・二泊で仕入れ等で下りてくるがゆっくり話をしているときもない

とにかくの仕事は寝不足に尽きる 
他の山小屋はどうだか知らないが 夜中十二時に出発する人達
続いて一時 二時 三時半に出発する人達
星観荘は全て 行ってらっしゃい 気を付けて と声をかけて送り出す。

だからお局も下界に来ると 爆睡状態になり 夕飯を食べると片付けるや否や


かくゆう 俺も一人生活になんとなく慣れて八時前には
起きていても見寝るともなしにをつけているだけ 一人は寂しい

長い夜が始まる 何をこれといったことはしていないがなんとなく疲れる
八時に寝ると翌朝四時には寝覚める 五時の目覚ましが鳴るまで
布団の中でもぞもぞしている時は実に気持ちいいが
大抵はそのまま起きて暇つぶしに暴れん坊将軍を
毎回似たようなストーリーで 面白くもなんともない


それはそうと寝て意識がなくなるまでの時間がなんとなく怖い
ちょっとした物音でも気にかかる かといって起きて行って確かめようかと
思うといつの間にか


明日の朝 目覚めるかなー このまま  かなー

起きて 開口一番 今日も壱日頑張ろう
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 説教オヤジへ
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

鈍くても

2017-07-27-Thu-17:02
標高850m 高原の片田舎 いかにせん 熱帯夜が続き
寝室のエアコンのスイッチを入れた 普段あまり使わないせいか
ファンの音が一定のリズムじゃなく波打っている
それでも何とか回り クソ暑い夜から解放された
今までに経験していない暑さが数日続いた 

富士吉田でこんなに暑い熱帯夜ならば 他のところはどうなんだろう
今までは日中は30℃近くまで気温が上がるが日暮れとともに涼しくなるのに


もっとも 今まではこの時期での生活だったから
真夏の暑さを知らなかったのかもしれない。

暑い暑いと言いながらも日中外にいても何かをしない限り汗が出ない
体質が変わったことは間違いない

先日 さいたま新都心 日暮里と立て続けに会議に行った時も
久しぶりにスーツを着て行ったが周りを見ると暑そうに歩いている人が
殆どだったが暑さを全然感じなかった むしろ会議室の空調が効きすぎていて
寒くてふるえたぐらいだった 

体質も変わったが普段の生活も変わった 水が飲めないどころか
水物の摂取は一日500ccのPB2本迄

食べる物も殆どの物が水分を含んでいる 水分制限があるとはいえ
食べるものクラッカーばかり食べるわけにもいかないし

今までは一気飲み  最近は一口飲んでもう要らねぇ~

体重は11㎏落ちて今66.5㎏ 着る物もMサイズ ズボンもブカブカに
辛い日々だが あと数年は移住したくない 
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 説教オヤジへ
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

2017-07-18-Tue-15:44

今日は東京日暮里で会議に
休憩時間に外を見たら雨が降ってきたと思ったら突然氷の塊が落ちてきた? にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 説教オヤジへ
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

血管造影室

2017-07-15-Sat-11:29
十三日 一泊の予定で入院した
今度は 以前血管が表皮の際に来るように手術をしたが
又 元の位置に戻ってしまったらしく 血管に針を刺すのに
毎回刺してから あれっ 血管がない なんて針をグリグリされる度に
脂汗が全身から噴き出してくる この先ずぅーっと こんな状態じゃー困る


俺も困るけど担当の医師も毎回エコーをあてて血管を探し出すのは大変
だということで 左腕の血管の細いところにカテーテルを入れましょう

お任せしますんで 週に何回も同じところに針を刺すんでなるべく痛くないように
一時の手術の痛さは我慢します

局所麻酔だから針を刺されても切られても痛くもなんともないけど
ドクターの話している事が全部聞こえてくる

手術台の上にやがて小一時間横になっていたが 結局手術はしないで
しばらく今までのようにエコーをあてて血管を探そうということになり
手術後の痛みからは解放されたが あの針を刺す時の痛みを思うと
恐怖のあまり汗がタラタラと 


頑固おやじさん 今日はとりあえず手術はしなかったんで
何なら 帰っても良いですよ 



いいえ そのつもりで家を出てきたんで今夜は病院で寝ます。
どうせ 明日の朝病院に来なけりゃならないんで
今夜は泊めてください。


七月は忙しかったぁー 六月末から入院すればよかった
そうすれば何もしないで横になれたのに 病院での検査の合間に
あっちに行ったり こっちに来たり 身の心も休まる暇がなかった

今までもそうだが 入院するとあれもダメあの約束もキャンセル
あの予定も欠席 なんて事があったが 欠席してもどう変わるものじゃなし
自分が思っているほど世間じゃ重要な人物じゃないかも

かもじゃなく 多分そうだ  


今夜から又数日一人の生活が続く
「お局は今朝早く山のお客さんに出す食糧やらなにやらしこたま
積んで山に行った」 

いい歳こいて言うのもなんだが 一人って寂しい にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 説教オヤジへ
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

内視鏡その二

2017-07-15-Sat-10:59
十一日今度は大腸カメラに続いて胃カメラで胃の検査を
今度は大量の水を飲まないんでそれだけでも気が軽い

処置室に入とハイあぁーんしてスプレーの麻酔をのどに吹き付け
はい 一分間ごっくんしないでそのままにして 一分経ちごっくんしたら
なんだか眠気が差してきた。検査台に横たわると はい麻酔の注射を打ちますよ
マウスピース銜えたのは覚えているが 完全に寝てしまったらしい

はい 終わりましたよ起きてください 看護師さんに起こされて
あれっ ここはどこ しばらく訳も分からず ぽぉーつとしている


はい こちらに来てください 数十枚の写真を見せられ
特段目につくところは有りませんが 定期的に検査をすることをすすめます

身体の見た目じゃなく 見えないところも 若い時から酷使してきたことに
つけが回ってきても不思議じゃないんで見えないところにも気を配りましょう

はい わかりました 年に一度は検査をするようにします。


タクシーで来ればよかった ハンドルを握ったがまだ麻酔が効いているのかな


そして 数日後 にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 説教オヤジへ
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

内視鏡その一

2017-07-15-Sat-10:30
六日に腸の検査で普通は出るところにカメラを入れて検査をした

というのは六月後半に数日血便が続いて貧血状態になり
以前にも突然血便が出てで病院に行ったことがあるんで
もしかしたらなんて考えたら緊張のあまり脂汗がタラタラ

前の晩から食べるものを控え 当日の朝から下剤を薄めた2㍑の水を
飲まなきゃならない
普段でも水は極力控えているのに これは辛かった
飲んでも飲んでも減らない やっとこさ2㍑を飲み切るころに腹がゴロゴロ鳴ってきた

今度は10分おきにに駆け込み一気にシャー 繰り返すこと数回
一応固形物は出たらしい

午後1時半処置室に入り ベットの上に横になり 麻酔を打たれて
ウトウトし始めるやブス あへ

そのうちに腹の中をカメラがぐりぐりし始め腸の曲がり角に差し掛かるたびに
うっ いてぇー うっ いてぇー  うぅぅぅぅぅぅぅぅー 

はい 終わりました。

その後 写真を見せられて 説明を聞くと 特段な兆候は見られませんねー
穴も開いていないし ポリープも 傷もない 

人にもよるが 強いストレスが溜まると一番弱いところに何らかの兆候が表れる
事がある 多分それでしょう

まぁ とりあえず 良しとしとくか ここんとこ血便も治まっている

そして十一日に又同じ部屋で にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 説教オヤジへ
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

やっぱりいいなー

2017-07-12-Wed-14:16
先日 土日月とに 
その前にも行ったが一泊で帰ってきた
行ったのは土曜日の夕方だったので トラックに積んである
発電機の燃料と下界から上げる飲料水はそのままにして
一シーズンぶりにをグビグビっと「ホントは水分摂取しちゃいけない」
まぁ明日は一日山にいるんで身体を使って汗を掻こう 

などと 自分の都合のいいように解釈 

一口飲んで 喉を通るあの感触 生きててよかったぁー 「ちょっと大げさか」

泊っているお客さんもいたが 自分の都合で八時に就寝
翌朝四時起床 外に出る 森の中で 鳥のさえずりが聞こえる
夜が明けるのを待って競って鳥が鳴いている 
そこかしこで 鶯が そしてミソッチョ「みそさざえ」甲高い声で鶯に負けじとアチコチで


今日は良いご来光が拝めそうだ 山場とも早く朝食を食べたいらしく寄ってきた

月曜日の十時には星観荘を出たが なんとなく後ろ髪をひかれるような気がして
何度か振り返ってみる


これで暫く来れない 来たくても来れない生活になってしまった 悔しい

なんでこんなになってしまったのか  

もう 茸を取りに行く事もないかもしれない ちょっと動いただけで心臓がバクバク

今までも星観荘の辺りの気圧に慣れるまで一週間はかかったが
10日居てもここの気圧には慣れないかも 


今度はいつ来れるかな にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 説教オヤジへ
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ
HOME