星観荘☆親父のひとりごと

富士山吉田口六合目の山小屋・星観荘の親父です。 六十路の手習いでマイパソコンを遊び始めました。今はまだパソコンに遊ばれています。富士山の事、富士山の麓で生活して いる事やいろいろ近況などを綴ります。

大きなお世話だ

2017-08-10-Thu-09:10
昨日は午前中病院へ 月曜日に行ったときに水曜日は午後から
どうしても一時までに甲府へ行かなけりゃーならないんで
水物も控えてくるんで十二時には病室を出たいと言った 昨日

針を刺すのはいつも通りの時間だったが やったー! 
十一時四十分にピンポロピンポロ終了のチャイムが鳴った

早く 針を抜いてくれー 今日に限っていつもと違うのが
来てなんかもたもたして一向に針を抜く気配がない。

早くしてくれよ 一時までにどうしても甲府の会議に行く都合があるんで
前日から水分を控えて来ているんだから


いつもなら五分足らずで針を抜く処置を済ませるのに 十数分かかった挙句に


そいつが言った言葉 

生活は病院中心に考えていろんなことは辞めたらどうですか

言い方にムッとした 

大きなお世話だ まだ世の中の一部でも
こんな奴でも頼りにされているんだ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 説教オヤジへ
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ
HOME