星観荘☆親父のひとりごと

富士山吉田口六合目の山小屋・星観荘の親父です。 六十路の手習いでマイパソコンを遊び始めました。今はまだパソコンに遊ばれています。富士山の事、富士山の麓で生活して いる事やいろいろ近況などを綴ります。

アルバイト

2011-09-16-Fri-11:54
㊟この件に関してのコメントは一切御断り致します あしからず

barbecue and chocolate

barbecue
団体のお客さんの時は、夕食はバーベキューをする
勿論 焼くのはだが 一人で30・40人は無理なんで 
アシスタントに バイトが今年は大学三年のが 
鉄板が熱くなると まずの肉を炒め そして

焼けたかな
自分で食べて確認するわけにはいかないのでバイトの
肉がそしてウインナが焼けたか 食べて確認させた
もう大丈夫です焼けてます 野菜を鉄板に載せても良いかも

が 突然大きな声で 私にもくださぁーい
30数人のお客さんが 一斉に注目
焼けるのを待っているお客さんがいるのに

とにかく食い意地がなんてもんじゃない 今にも涎が口元から流れそうだ

余談になるが 3度3度のご飯の時もそうだ、賄い飯だから
有り合わせで作る これぞというオカズは勿論自分の近い処に
別なオカズが他人の前にあると人の箸をのけても 自分の口に

それからは分け隔てなくすべて人数分を等分に

ある時 が papa 寝不足で体力をつけるようにと 鰻を買ってきた
レンジでチンをして 口の中に入れるまで 
(ハングル語でバポ 英語でIdiors) の 視線を感じた

団体さんが来る時は お局の姉や従姉そして甥が手伝いに来る
従姉がコンビニ弁当を買ってきた時 数が多かったが 
その中に従姉の食べたい弁当が有り 自分の前に置き 蓋を開ける寸前に 
アッ それっ 私が食べますと言うなり横どりをして 誰も手を付けないうちに
ムシャムシャバクバク みんな あっけにとられてしばし呆然と

ついでに メロンと桃そしてオレンジ
 の友達が送ってくれたものを持ってきた
お茶時に みんなで食べた時 とにかく食べる物には一番先に手を出す
この時も 楊子で刺して食べ刺しては食べ他の者が二つ三つ食べる時には
既に二桁数を口の中に、噛んで飲み込まないうちに次のメロンが
喰うだけ喰ったら 背中を向けて ゲフー

 が 桃農家から頂いてきた
さぁ 一段落したから 一服しよう 
が 大皿に切った桃をテンコ盛りにしてきた
と その時 お客さんが金剛杖に焼印を押してくださぁーい
知っていながら 立とうともせず ひたすらムシャムシャバクバク

偶然 夕べ泊まったお客さんが頂上に行き帰ってきた
残り物だけど 良かったら食べてくださいと
の前に有る皿を取り
お客さんに どうぞ食べてください 
あの お客さんが食べて飲み込む迄睨みつけていた

 お客さんの夕食の時にオレンジを付ける
その度に 曰く 私 口内炎が出来て ビタミンCを採らないと
駄目なんです
毎回 言われると こっちも意地になる
腐っても 喰わせねぇぞ

そんなに口内炎が辛かったら 何も喰わずに唾を口の中に溜めろっ
あれだけ 喰やー 口内炎も出来て当然だっ
10日ばかりしたら 言わなくなった 何が口内炎だっ

今日はこの辺で チョコレートは この次に にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 説教オヤジへ
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

COMMENT



コメントの投稿

HOME