星観荘☆親父のひとりごと

富士山吉田口六合目の山小屋・星観荘の親父です。 六十路の手習いでマイパソコンを遊び始めました。今はまだパソコンに遊ばれています。富士山の事、富士山の麓で生活して いる事やいろいろ近況などを綴ります。

神様&仏様

2011-12-24-Sat-09:00
仏教とキリスト教

俺はどっち派って聞かれると まぁ 讃美歌じゃなく お経の方かな

昨日は 朝九時に個人的な事で寺に行き 住職と話しをし、
そして午後からChristmas礼拝に行き
訳も分からないまま 讃美歌を

 という国は 有る意味いい加減な国だ

お腹の中に居る時は ご先祖様(仏さん)に手を合わせ
生まれたら お宮参りをし、神主の世話になり
結婚するときはは教会に行き 牧師の世話になり
になったら  坊さんの世話になり

も自分の睫毛は見えないから 人様の事とやかく言う資格はないが
何事も一本化できないで その場その場で都合のいい方に行く

まぁ 取り合えず 生きていることこそ いい加減なもんだ
そんなことを思いながら 浮世の風に吹かれて 歳をとる

日々 反省することが多い、 
かと言って 出来事の前に戻ることはできない
今朝の起きた時間には戻れない
なんてことを朝から思いながら今日が始まった

今日も一日 頑張るどぉー  にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 説教オヤジへ
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

COMMENT



2011-12-24-Sat-11:13
確かにいい加減ですね~
あやかれるものには何でもあやかっちゃえ!って感じでしょうか?^^;
あたしも人の事言えない位あいまいなので。。。^^;

だからこそ、インドやネパールのような宗教色の強い国に憧れて旅に出る人が多いのかも。。。

本当、時間は戻せない
過去をいくら思ってもどうにもできないので、前向きに。。。
今日もガンバロ~!

Re: タイトルなし

2011-12-25-Sun-09:57
v-300まぁ

信仰の自由 信じる者は救われるってか
人間とは つまるところ ご都合主義なのです

その場に合わせて ナンマイダ&アーメン

過去を反省していないで 前を見よう 明日を見よう
(自分に言い聞かせている 今日この頃です)v-398

コメントの投稿

HOME