星観荘☆親父のひとりごと

富士山吉田口六合目の山小屋・星観荘の親父です。 六十路の手習いでマイパソコンを遊び始めました。今はまだパソコンに遊ばれています。富士山の事、富士山の麓で生活して いる事やいろいろ近況などを綴ります。

時が過ぎ

2012-01-13-Fri-10:36
あれから十ヶ月が経った 
毎日毎日 寒い寒いと日夜言っているが
震災に遭った人たちの事を考えると まだ普段通りの生活をしているだけましかも

仮設住宅に居る人たち 原発事故で自分の家に帰れない人達の事を思うと何とも言いようがない


節電・灯油の節約 出来る事はやっているつもりだが
なんせ この寒さでは 節約するのも 限界がある
昼間は極力ヒーターは点けず 電気炬燵も弱にし 
ホットカーペットは最低温度で 
しかし 寝るときは 電気毛布がないと 寝られない

昔は寝るときの熱源と言えば 湯たんぽだった
又 その当時は 今より寒かった 
それでも 布団の中で かじかんで寝ても風邪もひかなかった
勿論 家も隙間風がすうすう入り 朝起きた時は
吐く息で布団の襟が凍っていたことも有った
布団も今時のように羽毛布団じゃなく 綿布団で石でも載っているような布団だった
着る物も今時のようにダウンが有るわけじゃなし


人間 慣れというものは恐ろしい
今の生活に どっぷり 浸りきっている

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 説教オヤジへ
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

COMMENT



コメントの投稿

HOME