星観荘☆親父のひとりごと

富士山吉田口六合目の山小屋・星観荘の親父です。 六十路の手習いでマイパソコンを遊び始めました。今はまだパソコンに遊ばれています。富士山の事、富士山の麓で生活して いる事やいろいろ近況などを綴ります。

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 説教オヤジへ
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

2012-01-31-Tue-14:57
今年になって 六人が黄泉の奥津城を見に旅行に
片道切符と 銭六文を握って

今日 旅立った人は ここでは書けない 恩のある人だった
焼香でこれほどいろいろな事が 走馬灯のように頭の中を廻ったのは何故か


親父 お袋 妹 皆 黄泉の世界に行った
身内以外でこれほど いろいろ思いおこした人はいない

お通夜 告別式 殆どが ただ浮世の義理で焼香
仏様には 失礼だが 涙は一滴として出ない


目頭がやたらに熱い 

祭壇の遺影がジッと見ているような気がした
七十三歳 この時代では一寸 逝くのは早い 

もうあの人とは 飲めない  にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 説教オヤジへ
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

COMMENT



コメントの投稿

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。