星観荘☆親父のひとりごと

富士山吉田口六合目の山小屋・星観荘の親父です。 六十路の手習いでマイパソコンを遊び始めました。今はまだパソコンに遊ばれています。富士山の事、富士山の麓で生活して いる事やいろいろ近況などを綴ります。

またかい(*_*;

2012-02-21-Tue-18:13
 南無阿弥陀仏 南無妙法蓮華経 nanmaidar

なんまいだー ここんとこ 声にはしないが 呟きっぱなし

なんまいだー 
弌まぁーいだー 弐まぁーいだー 参まぁーいだー

まんまいだー だけじゃなく 神葬祭 Amen

この時期 達者な人でも 寒さに参る
ましてや 老人・病人は この寒さに耐えられないだろう

幾年生きる者 何時かは  

も若いころは 何時かは逝くんだなんて啖呵をきって
好き勝手なことをしてきた お義理で行く  が多いが
身近な人が逝くと 人ごとじゃなく 自分の生存期間を考える

かと言って寿命の蝋燭を他人の物と変えるわけにはいかない。

自分の蝋燭が後どのくらい残っているのか
知るすべもない 

今日 先日まで居た 孫が 一端帰って 又来た
夕べの長女の話  

は が二十歳になるまで 生きているよ 

んっ ということは その時の俺の歳は

咄嗟に 無理ッ 無理ッ 絶対無理だ
こんな気苦労の多い日々の生活をしていて そんなの絶対無理だ

と言ったものの やっぱり これも欲かな 

うーーむ 出来る事なら 生きたい 逝きたい じゃなく 生きたい

今は若い時のように 体力勝負でガンガン前進あるのみ
なんて事は 到底できない やろうと思っても 体がついてこない

体力は使わなくなったが 気を使うようになった
いろんなことに 気配りをしすぎるのか 
気を使っていなつもりだが 何処かで 使っている
気を使うって 生きている証かな なんて考えるが
気配りをしてもしても 徒労に終わることの方が多い

いったい どうすりゃー 良いんだ





にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 説教オヤジへ
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

COMMENT



はじめまして!

2012-02-23-Thu-12:28
こんにちは! 最近ブログを拝見しまして初めてコメントします。

「富士山の日」、雨ですね、色々なイベントが有ったと思いますが、
天気だけはどうにもなりませんね、 残念だと思います。

さて、ブログを拝見して、富士山六合目と云うと、とても懐かしくなります。 
実は私、昭和56年から59年まで、シーズンには、安全指導センターに
何回も勤務しているのです。

あの滑落事故の翌年、県の担当部課に転勤になり、交代でセンター勤務でした、 
夜中に登山者に下山道のチラシを渡したり、登山案内の他、
八合目の標識が倒れているなどと連絡が有れば、スコップ片手で上まで
交代時間までに直しに行ったり、色々の思い出が有ります。

センターの隣りは、確か雲海荘さんだと思いましたが、変わられたのですか?
星観荘さんはやはり、指導センター(六合目に有るか疑問ですが)の近くですか?

もう、何年も六合目まで行って居ませんが、私も年ですから、
今年あたり、安全指導センターの近くまで行ってみたいと思って居ます。 
あの、星空、忘れられません。

長くなりまして失礼しました。 これからもどうぞ宜しくお願いします。

Re: はじめまして!

2012-02-24-Fri-07:49
kainohidesanさん
こちらこそ初めまして

そうですね 昨日は富士山の日でした
午後から姿を見せたようですが 富士山も人間どもの
ご都合で いきなり 貴方の日を決めました
そのつもりで朝から姿を見せてくださいなんて言っても
自然は人間どもの自由には行かないもんですv-411

v-206が甲府の女学校に通学しているので
ぴーちーえーの関係で学校で会議でした


そうですか安全指導センターに勤務されていたんですか
星観荘は吉田口の佐藤小屋のすぐ上です。
今も昔も変わらず同じ所にあります。

雲海荘 今は跡形も有りません
(事情は言えません)

今でも 星は当時のまま 輝いています
今年は是非おいで下さい 甲府からだと二時間足らずで
星観荘迄 来られるかな

コメントの投稿

HOME