星観荘☆親父のひとりごと

富士山吉田口六合目の山小屋・星観荘の親父です。 六十路の手習いでマイパソコンを遊び始めました。今はまだパソコンに遊ばれています。富士山の事、富士山の麓で生活して いる事やいろいろ近況などを綴ります。

2012-04-13-Fri-14:38
<連続不審死> 

罪を償う 

犯した罪によって量刑は勿論違うが
人様を殺しておいて言い逃れをするとは何事か

殺人などという罪に対して 弁護士が付くのも
オイラに言わせるとおかしい
弁護士の喋っている言葉が ホントに通用するのか
これまた疑問だ

そして 死刑判決が下っても 何時までも生かしておくってのも
いかがなものか 

江戸時代のように 市中引き回しの上 打ち首獄門
とまではしなくとも 冤罪の疑いが無いなら 

即 死刑にすべきだと思う 

死刑の判決が下っても 何時までも生かしておくから
次から次へと 似たような犯罪が起きる にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 説教オヤジへ
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ
今時の娑婆は確かに悪辣な罪を犯す輩も多いが
桜組の組織だって似たりよったりで救いようが無い


突然 話は変わるが
今ラジオのニュースで言っていたが、
あの kijima kanae 被告が判決を不服として控訴するとか
さっきも記したが 誰が聞いても逃れようのない事実なのに
判決を覆そうとする弁護士「国選弁護人」かな

だとしたら 報酬は税金からかい

裁判員裁判の裁決を尊重しなきゃ 裁判員なんかになる必要はない

と思うが はたして間違っているかな

まぁ たとえ 間違っているとしても 
      ツッコミコメはご遠慮申し上げる

突然話は戻るが
の代紋と制服を着ているだけで 
一皮むけばって事かな


COMMENT



コメントの投稿

HOME