星観荘☆親父のひとりごと

富士山吉田口六合目の山小屋・星観荘の親父です。 六十路の手習いでマイパソコンを遊び始めました。今はまだパソコンに遊ばれています。富士山の事、富士山の麓で生活して いる事やいろいろ近況などを綴ります。

2012-06-03-Sun-12:09
今朝六時にへ行ってきた
先日ちょこっと降った雨がどうにも気になって
タンクを覗いたら まだそれほど溜まっていない
実は15日に  からのお客さんが一人泊まる
次の日16日に3人泊まるんで どうしても水を確保したい
飲み水は下界から上げるが トイレが使えない

下界の日々の仕事は雨が降るといろいろと差支えるが
この時期はには降ってほしい
一合目から小雨が降って来たので期待して行ったが
四合目辺りで雨の域から抜け出したみたいで 陽こそ出ていないが
雨の降るような気配はない
八時には家に帰り 庭の草取りを始めたら
おっ 威勢よく雨が降って来た こんな調子で二時間も
降ってくれれば結構タンクに溜まるのに
雲が低いから の中腹から上は降っていないかもしれない

本来ならば山開きは七月一日だが 山好きな人は山開き前でも
登って来る まだ八合目から上は残雪が多く
それなりの装備をしないと頂上に立つことは難しいが
七合目辺り迄は登下山道の雪も無くなり 日中はひときりの
寒さも無くなり快適な気温になってきた


今年も星観荘がオープンして発電機の音が聞こえたら
ハト吉は来るだろうかそんなことを思いながら物音一つしない
静寂の中に一人佇んでいたが なにか もの悲しさにかられて
早々に帰って来た 木々の芽もチラホラふき出してきたが
ある意味 未だ冬の域から抜け出せない にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 説教オヤジへ
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

COMMENT



コメントの投稿

HOME