星観荘☆親父のひとりごと

富士山吉田口六合目の山小屋・星観荘の親父です。 六十路の手習いでマイパソコンを遊び始めました。今はまだパソコンに遊ばれています。富士山の事、富士山の麓で生活して いる事やいろいろ近況などを綴ります。

2012-09-19-Wed-09:19
夜 何時に寝ても 朝五時前に 目覚める
今年はでの生活も例年ほどではなかったが 習慣なのか
それとも それなりの歳に達したからか 朝起きるのが五時前が
当たり前の生活が定着してしまった

先日の山では 九時に寝て 十二時に起きて送り出し次は三時に
なんだかんだして結局お客さんが出たのが四時
結局そのまま 起きて昼十二時半まで あれやこれや
気がついたら 午前中休憩したのはを銜えた時の二回だけ

残り物で喰った昼飯の後 少しのんびりするかななんて思ったが
それからあれもやりこれもやりで 結局その晩泊まるお客さんの
食事の支度をし、気がついたら五時半 発電機を切り替えてそのまま夜に

九時の消灯時間が待ち遠しい 
お客さんが寝る前に先に寝るわけにもいかず

そんなこんなの生活で 毎晩横になると一分も立たないうちに
意識が無くなり

しかし 去年も同じことを思ったことを思い出した。
ユンケル皇帝液をジョッキで飲みたいくらい 疲れた

自分の都合で起きているんなら 気も使わないが
大抵のお客さんは起こさなくても出発予定時間前には
起きて身支度を整えているが 中には疲れきっていて
起こしに行っても グゥグゥ 鼾を掻いて熟睡している人もいるので
起こさなくてはならない

の山小屋は何処でもそうだが 入館した際に宿泊料金をいただくので
出たい時に勝手に出て行って結構です てな感じだが
泊まっていただいたお客さんを送り出し 
行ってらっしゃい気を付けての一言が 又来てくださいにつながり
何回も来てくれるお客さんになる

今年もには 山梨県側から 二十数万人が登った
その中で 星観荘に泊まっていただいたのは 1%にも満たない数字だが
これ以上に宿泊客を増やそうなんて意識も無い
たとえ寝袋でも手足を伸ばしてゆっくり寝てもらいたい
隣同志が肩が重なるような寝方をしてほしくない

星観荘のある場所も かつては賑わった街道も今はバイパスが出来て
取り残されたような場所で知る人ぞ知るの隠れ家的な存在なのだ

は世界文化遺産に登録と取りざたされているが

江戸時代から夏の時期登山客でにぎわった純然たる吉田口も
時代とともに交通機関の発達で衰退の一途を辿っていたが
近年は地元富士吉田市でも吉田口の復活にも力を入れここ数年
着実に吉田口を麓の冨士浅間神社から歩いて登る人
又 馬返し迄車で来て登って来る人が増えつつあるが
二十数万人の1%迄は登っていない

殆どが本当のを知らない
を麓から歩いて又馬返しから登らずして を語ることなかれ
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 説教オヤジへ
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

COMMENT



同感です

2012-09-19-Wed-22:24
年に1回の私ですが富士浅間神社から歩いての世界遺産だと思います。

2012-09-20-Thu-11:11
お久しぶりです!

「行ってらっしゃい、気を付けて!」
こんな一言がどんなに大事か。。。
おはよう、おやすみ。。。こんな当たり前の挨拶が
家族でさえ言わないってのが当たり前の所もあります

この前、何かで見ました
「おかえり!」って言葉には、外から帰ってきた人が外で突いた悪い物を払う力があるんですって!
当たり前のあいさつに色んな力があるんですね!^^

お父さん、無理をしない様に、元気で過ごして下さいね!
お母さんの怪我も良くなりましたか?
いつまでも元気でいて下さい!^^

古道

2012-09-24-Mon-10:30
takepapaさん

本当の富士山を知らずして 富士山の事を語ることなかれ

熊野古道を小一時間歩いて熊野古道を語ることなかれ

Re: タイトルなし

2012-09-24-Mon-10:40
まぁ様 こちらこそ お久しぶりです!

最近の にっぽんは 礼儀を忘れた酷民が増えたような気がする

ヨーロッパの人達に言わせると にっぽんは 礼儀を重んずる国だと言っているが
考えさせられる一言だね

何とか山の生活も終盤に差し掛かりました もうチョイ カンバらなきゃ

お局はやっとこさ松葉づえが二本から一本になりましたが
藪医者の全治三ヶ月って云うのもやはり嘘っぽい

明日で二ヶ月後一カ月じゃ治らないかも

又 ちょくちょくお邪魔するよ あまり気を使わないでね

うーむ 欲を言うと 疲れているから甘いお茶菓子が欲しい。(#^.^#)

コメントの投稿

HOME