星観荘☆親父のひとりごと

富士山吉田口六合目の山小屋・星観荘の親父です。 六十路の手習いでマイパソコンを遊び始めました。今はまだパソコンに遊ばれています。富士山の事、富士山の麓で生活して いる事やいろいろ近況などを綴ります。

ボランティア

2014-02-25-Tue-09:01
道具(雪掻き)持参 
    交通費 自腹
       食事 自腹
          寝る所 自分で探す



山梨県から雪掻きボランティアを募る
新聞も大雪で遅配されて来たが ようやく1㍍以上の雪を掻いて
新聞や郵便物が配達されるようにした数日後 
新聞が幾日分か まとめてポストに入っていた

大雪が降った数日後の紙面にも雪掻きボランティアの事が掲載されていたが
チラッと見ただけで内容はよく見なかったが その類の事が載っていたかもしれない

が東京へ帰る車中でのネットで見たとか


これほど 図々しく ボランティアを呼び掛ける奴が山梨県内に居るとは
情けない

誰がどのような方法で呼びかけたかは知らないが
まともな神経じゃない

いずれにしても 行政など頼らずに自分で何とかしなけりゃならない
山梨県は特にそうかも 大雪の翌朝も件の幹部職員は3人しか出てこなかったとか
新聞に載っていたが 所詮 お役人とはそんなもんだ

ビニールハウスがつぶれたり農家は甚大な被害が出ているようで気の毒だが
かといって、誰もが自分の事で精いっぱいでそこまで気が回らない


話しは変わるが 
がお世話になった学校に卒業したにも関わらず未だにつながりが
ある 俺だが 
あの大雪が降った二日後 ある生徒のおやじから
30人ぐらいの人に一斉メールを送信してきた

内容は 俺は2時間掛かって学校に行き 雪かきをしてきた
父親として子供がお世話になっている学校に雪掻きにも来ないのか

なんて 一瞬 むっとするような内容のメールが来た


  状況を解って言っているのか 


と 一瞬 怒鳴りつけたかったが グッとこらえて 


気が付かなくて申し訳ありません 自分の家の周りの雪掻きで
精いっぱいだったものですから


と やんわり 返信したが 考えてみると 雪掻きボランティアを募った
奴と大して変わりはない 


いろんな奴が居るもんだ
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 説教オヤジへ
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

COMMENT



コメントの投稿

HOME