星観荘☆親父のひとりごと

富士山吉田口六合目の山小屋・星観荘の親父です。 六十路の手習いでマイパソコンを遊び始めました。今はまだパソコンに遊ばれています。富士山の事、富士山の麓で生活して いる事やいろいろ近況などを綴ります。

所変われば

2014-02-26-Wed-13:57
今日我が家の屋根を見たら だいぶ雪も融けて来たが
家の前は まだ1㍍以上積もっている 少しは融けて高さは低くなっているが
地面が顔をのぞかせるのは暫く先のようだ

昨日は 会社の課長と静岡県沼津市の現場へ行って来た

道の両側に雪のある国道138号を山中湖を経て
県境の篭坂峠は俺の家の周りとおんなじで道の両側には1㍍
の雪の壁が有る 道の両側もなんとなく静まり返っている


峠を下り 小山町⇒御殿場市⇒裾野市⇒そして沼津市

だんだん 道路の脇の雪が無くなってきた

国道1号を走り始めた時    なんだあれは

よく見たら   目をこすって見直してみた やっぱりが咲いている
「見とれて写真撮るのを忘れちゃいました」



時間にして我が家=会社から1時間半ちょい

こうも違うものか よく見たら土手には水仙が咲き 畑を耕している人もいる


今朝のニュースで耶麻無県知事が大雪の対応には問題なかったなどと
言っていたが やれ除雪費に何十億掛かる かかっただの 
今更言いわけみたいな事を言っていたが

こういう所でも豊さの差が有る

沼津駅前の現場だったので 歩いている人を見ると
山梨みたいに寒くて背中を丸めて歩いている人は居ない


今更 アジトを移すわけにもいかない 

せめて 心だけは豊かに生きよう


と 思うが これが又なかなか難問なのだ 

  にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 説教オヤジへ
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

COMMENT



コメントの投稿

TRACKBACK

-

管理人の承認後に表示されます
HOME