星観荘☆親父のひとりごと

富士山吉田口六合目の山小屋・星観荘の親父です。 六十路の手習いでマイパソコンを遊び始めました。今はまだパソコンに遊ばれています。富士山の事、富士山の麓で生活して いる事やいろいろ近況などを綴ります。

湯治その二

2016-08-27-Sat-16:22
屋外岩盤浴 宿で買った蓆を敷いて横になる
めっちゃ熱いところと いくらか温度の低いところが有る
ここに来る人は医者に告知された人たちが来るらしい
横を見ると頭からすっぽりかぶり全身玉の汗をかいて
寝ている 数分ごとに熱すぎて我慢できずに寝返りをしないと
やけどをする  それよりなにより寝返りせずには同じ場所には居られない
テントの横の筒からは噴気が噴出している。触ると勿論大やけどをする



大噴「おおぶけ」 1分間に噴き出す量は8000㍑
蒸気が立ち込める歩道に横になっている人達がいた
この人たちは気管支に異常が有りわざと噴気を吸うために
近くいいるとか「失礼だからは遠慮しました」




玉川温泉 5泊6日 部屋四畳半個室 テレビなし 
湯治宿でも最近はテレビ・冷蔵庫・トイレ付の部屋も有ったが
友人たちのグループに合流したもそうだが事前に友人に部屋の予約も
頼んで取ってもらったんで自分だけ良い部屋というわけにはいかず
個室で一人寝だけでも贅沢だったかもしれない
元来湯治宿なので 別棟には今でも自炊棟があり1か月 
長い人は2か月も滞在する人もいるとか

就寝7時 起床3時半 
まず 風呂 朝食を食べて一休みして屋外岩盤浴に
そして風呂に 昼食を食べて一休みして 岩盤浴に そして風呂に

間の時間はすることもなく ただ ぼけぇーと して時を過ごす
待ちかねた夕食 朝晩の食事 これが結構いける 
夏のこの時期 下界の生活は 俗にいう一汁一菜で済ませているんで
塩分控えめの食事は実に美味しい 

着いた日 部屋の天井を見つめ なんでこんなところに来たんだろう

と  少し後悔したが2日目からは時間のたつのが早く感じた
それだけ充実した1日を過ごしていたのかと思うと 
なぜ もっと早く来なかったんだろう こんなに心も身体も
リフレッシュできるのなら 日々何かに追われるような生活を
思うと なんとなくバカバカしくなってきた


又 機会を見つけてと言っても今の調子では無理かもしれないが
6日の間さしたる電話もなく時を過ごせた 

暇な時間 自分で作らなきゃ 今回つくづく思った

又 ふらっと どこかの温泉に行きたいなー にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 説教オヤジへ
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

COMMENT



コメントの投稿

HOME