星観荘☆親父のひとりごと

富士山吉田口六合目の山小屋・星観荘の親父です。 六十路の手習いでマイパソコンを遊び始めました。今はまだパソコンに遊ばれています。富士山の事、富士山の麓で生活して いる事やいろいろ近況などを綴ります。

やっぱりいいなー

2017-07-12-Wed-14:16
先日 土日月とに 
その前にも行ったが一泊で帰ってきた
行ったのは土曜日の夕方だったので トラックに積んである
発電機の燃料と下界から上げる飲料水はそのままにして
一シーズンぶりにをグビグビっと「ホントは水分摂取しちゃいけない」
まぁ明日は一日山にいるんで身体を使って汗を掻こう 

などと 自分の都合のいいように解釈 

一口飲んで 喉を通るあの感触 生きててよかったぁー 「ちょっと大げさか」

泊っているお客さんもいたが 自分の都合で八時に就寝
翌朝四時起床 外に出る 森の中で 鳥のさえずりが聞こえる
夜が明けるのを待って競って鳥が鳴いている 
そこかしこで 鶯が そしてミソッチョ「みそさざえ」甲高い声で鶯に負けじとアチコチで


今日は良いご来光が拝めそうだ 山場とも早く朝食を食べたいらしく寄ってきた

月曜日の十時には星観荘を出たが なんとなく後ろ髪をひかれるような気がして
何度か振り返ってみる


これで暫く来れない 来たくても来れない生活になってしまった 悔しい

なんでこんなになってしまったのか  

もう 茸を取りに行く事もないかもしれない ちょっと動いただけで心臓がバクバク

今までも星観荘の辺りの気圧に慣れるまで一週間はかかったが
10日居てもここの気圧には慣れないかも 


今度はいつ来れるかな にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 説教オヤジへ
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

COMMENT



コメントの投稿

HOME