FC2ブログ

星観荘☆親父のひとりごと

富士山吉田口六合目の山小屋・星観荘の親父です。 六十路の手習いでマイパソコンを遊び始めました。今はまだパソコンに遊ばれています。富士山の事、富士山の麓で生活して いる事やいろいろ近況などを綴ります。

地獄その貮

2008-03-08-Sat-10:08
昨日の続き。昨日のブログの後ふと思い出した、かの中国の昔話に邯鄲夢の枕と言うのがあるのを思い出した。「㊟辞書を見て人の世の栄枯盛衰のはかないこと(枕中記)」
貧しい若者が旅の途中の宿屋で老人「実は仙人」に生きている虚しさに嘆き    悲しんで、生きているのが辛いと言うと、枕を差出し今夜この枕をして寝てみなさいと言われ、寝てみたら夢の中でに出会い結婚して何十年も豊かで楽しい暮らしをし、まだまだこれからと言うときに起こされて、なんだ夢だったのか。うんーとここから後は忘れた、また続きは本を見て、ようするに生きていると楽しいことは事は少しで楽しくないことの多いってことかな。難だか判んなくなってきた。      どれするか。 にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 説教オヤジへ
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

COMMENT



コメントの投稿

HOME