星観荘☆親父のひとりごと

富士山吉田口六合目の山小屋・星観荘の親父です。 六十路の手習いでマイパソコンを遊び始めました。今はまだパソコンに遊ばれています。富士山の事、富士山の麓で生活して いる事やいろいろ近況などを綴ります。

尼寺

2010-03-31-Wed-17:40
新潟市南区十五間 浄楽山 賞月庵
懇意にしていただいている 尼寺です

彼岸を過ぎるとの好物 アサツキを どっさり毎年贈ってくれる
暮には 新潟の餅 秋の彼岸には笹団子と粽 故郷の味である
実はおふくろは新潟の生まれ
縁あって 山梨の山奥育ちの親父と東京で知り合ったらしい
生前 おふくろは 口癖のように なんでこんなところに嫁に来たのか
なんて 愚痴をこぼしていたが、とうとう此方のお寺の背戸に眠っている


今日アサツキと一緒に届いた 仏壇用のマッチ


賞月庵 ここに 親父とおふくろそして妹の位牌を預けてある
おふくろの実家から数分のところに有り
おふくろの実家に行く度に 実家より先に寄ってお茶を戴いてから
実家によるぐらい親しくしていただいている



そしてマッチを入れてきた紙袋


一緒入っていた ターフ
可愛らしい 使うのもったいない

アサツキ 早速今夜 酒の摘みに味噌を付けて食べよう
麺類の薬味には最高です。辛いんだなぁ これが

弥生も今日で終わり明日からは卯月 頑張るどぉ
カレンダー 予定びっしり 付箋だらけ


にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 説教オヤジへ
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

COMMENT



感謝の気持

2010-03-31-Wed-19:40
人は一人では生きていけません。「人」という字自体がそれをよく表しています。必ず誰かのお世話になっているはずで、感謝の気持を忘れたらもうお終いです。対価を支払ったからそれで済むわけではありません。世の中には「当たり前」はありません。「お陰様」というのは実に良い言葉です。
「いつも見ています」という句を見て、50年くらい前の記憶が甦りました。当時、母の実家の仏間の鴨居の上に「見てござる」と記された額がかかっていました。泊まった折などによく見上げていたものでした。

2010-04-01-Thu-00:03
こんばんは。

賞月庵って素敵な尼寺ですね。
マッチも紙袋もターフも心が篭って
癒されますね。
とても可愛い画が和みます(^^♪

言葉に

2010-04-01-Thu-07:33
夢追い人さん
おはようございます。

感謝の気持ちを言葉にするって 難しいようで簡単なんですね
v-293v-209に朝茶の一杯から 有難うが始まります。
v-206も最近はよく口にします。
夫婦・親子でも言葉にすると これがまた お互いに気持の良いもんです

おかげ様で v-403最近あまりv-418にしなくなったような

尼さん

2010-04-01-Thu-07:56
lavandreさん 初めまして

可愛い尼さんです。v-293よりちょっこし年上なんですけど
お寺さんもほんと 尼寺そのもの 落ち着くんですこれがv-390

感情

2010-04-02-Fri-08:27
otonさん
v-286e-251も感情がe-441
口は聞けなくとも動物すべて感情が有るようなv-390

家族って人間だけじゃない 人様には解らない縁で結ばれているんです。 

コメントの投稿

HOME