星観荘☆親父のひとりごと

富士山吉田口六合目の山小屋・星観荘の親父です。 六十路の手習いでマイパソコンを遊び始めました。今はまだパソコンに遊ばれています。富士山の事、富士山の麓で生活して いる事やいろいろ近況などを綴ります。

人数合わせ

2010-10-16-Sat-09:59

今日は娘の学校の関係で大会に。席は前から二番目 ステージの真ん前 眠りこけたら どうしべぇ。昨日の疲れで寝むっちまうかも。
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 説教オヤジへ
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

COMMENT



修行の成果

2010-10-16-Sat-15:11
某高僧のインタビュー番組で、修行次第では眼をあけたまま眠ることができるようになるというお話がありました。鼾をかかなければ、大丈夫そうです。
魚は眼をあけたまま眠っています。飼育中の熱帯魚も深夜に突然明るくしても、眼は開けていますが熟睡中でしばらく動きません。
お寺で木魚とか魚板とか「魚」が使われているのは、眠らないように見える魚を不眠不休で行う修行の目標としているからだと言われています。中には眠らないふりをすることだけ体得した坊さんもいるかもしれませんが。

身震い

2010-10-18-Mon-09:18
夜遊びをしすぎた 翌朝 車で二時間以上かかる現場に行ったとき、途中から意識がなく
数キロ走って信号で止まった時 あれっなんで俺は今ここに居るんだ 目をあけて運転をしていたが 意識が・記憶がない 今 考えただけでも身震いする 二十代の頃の話です。

不思議な体験

2010-10-18-Mon-21:14
同様の体験があります。30代後半の頃、千葉と浜松の間を頻繁に往復していたことがあります。浜松に向かうのは早朝で、千葉に戻るのは深夜でした(仕事ではありません)。千葉に戻ると、どうやって帰ってきたのか定かではないことがよくありました。居眠り運転なら、東名高速走行中のことですから、すでにこの世にはいないはずです。多分、瞬間的に覚醒と睡眠を繰り返していたのでは?不思議な体験でした。

目をあけて

2010-10-19-Tue-07:39
夢追い人さん
e-50は薄眼を開けてe-445
一寸 e-447 不気味だね

コメントの投稿

HOME